鍵管理装置キーステーション

鍵管理装置キーステーション

概要

 「キーステーション」は、エフビーオートメが考案した鍵管理装置を使用したシステムです。
発売以来ロングセラー製品となっております。
キーカセット方式の鍵管理装置は従来のキーボックスやキーポストと呼ばれる鍵管理機に比べ必要面積が少なく省スペースに設置できます。

ビル内の各テナント等に自室の警戒の開始/解除操作を行える様、ビル通用口附近に設置します。
操作はカードおよびテンキーを用いて行います。
テナントの最終退館表示および出力、最始入館出力、侵入警報表示および出力、またテナントの「在/不在」情報をスイッチにした証明・空調制御出力等を標準装備しています。
キーステーションのサイズは都度カスタマイズが可能です、「どうしてもこの範囲に収めたい」といったご要望には柔軟に対応しています。鍵束を保管するキーポストタイプの鍵管理装置よりも小さなスペースに設置できることも弊社の製品の特徴です。
※オプションにより電気錠のコントロール、その他システムとの連動等も可能です。

特徴

  • キーホルダーはポケットに入れて持ち出しにくい、適度な大きさの「カセット」方式を採用しています。
  • テナントあたりの鍵収納スペースが小さく、場所を取りません。
  • 鍵の保管状況が一目で確認できます。
  • 「鍵の収納」「鍵の取り出し」操作は、開始/解除信号として個別出力されます。
  • 鍵を無理に取り出すと警報を出力するなど安全装置が万全です。
  • ドアの施錠を忘れた状態では鍵の保管が出来ないようにインターロックを構成しています。
  • 使用履歴はSDカードにcsvファイル形式で保存されます、パソコンに抽出して閲覧が可能です。
キーカセット方式キーホルダ

用途

テナントビルやインテリジェントビル、工場や各施設、薬品や薬物・劇薬などの保管施設、研究施設や重要施設、工作機器や輸送機器等の鍵管理に使用されています。
カードリーダーを利用した出入管理システムが設置された施設のセキュリティレベルをより向上させたい時にもご利用頂いています。物理的な鍵で施錠をするという基本のセキュリティが最も安全です。キーレス化された施設も増えてきていますが、弊社では鍵での管理を推奨しています。

カタログ

カタログ  ←新しいウィンドウでカタログが開きます。


  • はてなブックマークに追加

 

2017年07月14日